乾燥の季節にご注意を!

みなさん こんにちは
保険の相談ひろばLINK ベイシアひだかモール店です。
 
 
気温が低く、空気が乾燥した日に注意したいのが火災です。
毎年、1月~3月は火災が多く発生する時期なんです。
 
 
空気が乾燥していると 火がつきやすいだけでなく、
火のまわりも早くなるため、少しの出火でも大火災につながることがあります。
 

 
住宅火災の事故は、すべての火災事故の約3割ですが
火災死者数でみると、その7割が住宅火災で発生しています。
 
そして、火災で一番怖いのは、煙。
火災で犠牲になった人のほとんどが煙によるものなんです。
もしものときは、タオルやハンカチで鼻、口を覆って避難しましょう。
 

 
 
普段はちゃんと気を付けているのに、
つい、うっかり・・・なんていうこともあるので
もう一度、ふだんの生活を見直すことも大切です。
 
●火災警報器の設置、定期的な点検
●ストーブやヒーターは、燃えやすいものから離れた位置で使用する
洗濯物の近くやカレンダーの近くには置かない
●コンロから離れるときは、必ず火を消す
宅配が届いたり、電話がかかってきたから、ついそのまま離れてしまう・・・これらは危険です!
●電気コードを束ねたままの使用や、タコ足配線の使用
 
など。
ほこりが原因での発火もありますので、お掃除もこまめにしておきましょう。
 
 
みなさん、住宅火災への備えは万全ですか?
 
ずいぶん前に入ったけど、保障内容はどうだったかな?
という方は、火災保険の証券で内容確認してみましょう!
 
メールでのお問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせはこちら
0120-168-207
詳しい店舖情報はこちら