線路は続くよ、どこまでも。

「ねーねー、なんで線路には石が沢山置いてあるの?」

はい、来ました。子どもからの答えにくい質問攻撃。

みなさん、どうしてます?こういう質問。

他には「なんで海は青いの?」とか。「雨はなんで降るの?」とかあります・・・

正直、説明面倒くさい母です(´;ω;`)

 

 

まだ「コロナ」という言葉もない頃。

私は実家への帰省を電車で行っていました。

長女は当時4歳くらいだったでしょうか。

「なんで?」「なんで?」のお年頃。

普段だったら、分からない質問はスマホで調べて、

子どもに分かりやすいように説明していましたが、

帰省中は次女(1歳)を抱っこヒモで抱っこして、

荷物を大量に乗せたベビーカーを片手で押し、

反対側の手は長女の手を引くために使用。

すでに疲れ切っていた私は、つい適当に答えてしまいました。

「ほら、じーちゃんとばーちゃんも、お庭に草が生えないように、って

砂利をひくでしょ?線路も草が生えないように石を置いてるんじゃない?」

と・・・・・。

すると、なんという事でしょう。

となりに立っていた見ず知らずの男性が急にしゃがみ込み、

「線路の石はね、電車の音を小さくするために置かれているんだよ。」

と、娘と目線を合わせて優しく説明してくれたのです。

へー!!そうなんだ!!と納得すると同時に、

やっぱり、分からないことは分からないと正直に言った方がいいんだな~

と反省する経験でございました(;^_^A アセアセ・・・

毎年お盆の時期にあの時の事を思い出します。

 

線路の石は

*電車への振動を小さくする(クッションの役割をする)

*電車の騒音が軽減される

*線路の水はけが良くなる

*コストが安い

という理由で敷き詰められているらしいです!!

 

日常の何でもないことでも、理由があるんだな~

知識が増えるって面白いな~と思います!

 

保険の知識は、ぜひ、保険の相談ひろばLINKで!!

スタッフ一同お待ちしております(o^―^o)ニコ