マスク熱中症

みなさん、こんにちは。

保険の相談ひろばLINKアピタ石和店です。

本格的な夏を前に暑い日が続いていますね。

6月15日は栃木で35度以上の猛暑日

県内でも30度を超え真夏日となりました。

気温が上がってくると気を付けなければならないのが熱中症です。

2019年(5~9月)に熱中症によって救急搬送された人の数は約7万1000人と、

現在までの新型コロナの感染者数(約1万7000人)に比べても多いんです。

新型コロナウイルスの感染防止の基本であるマスクの着用が引き続き求められています。

ただ、夏の暑さの中マスクを着用すると熱中症の恐れが高まると指摘もあります。

マスクを着用すると、息が持つ熱を上手く外に発散できず体内にため込んでしまい、体温が上がってしまいます。

また口内の湿度が保てる分、喉の渇きを感じつらいので水分補給を意識しにくく、脱水が進んで熱中症になる可能性が高まる恐れがあるようです。

普段より意識してこまめに水分補給をすることが必要になってきますね。

そこで厚生労働省は、これから夏を迎えるにあたり、例年よりもいっそう熱中症に注意が必要だとし、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための「新しい生活様式」における熱中症予防のポイントを発表しています。

熱中症予防のポイント

暑さを避ける

・エアコンを利用する等、部屋の温度を調整
・感染症予防のため、換気扇や窓開放によって換気を 確保しつつ、エアコンの温度設定をこまめに調整
・暑い日や時間帯は無理をしない
・涼しい服装にする
・急に暑くなった日等は特に注意する

適宜マスクを外す

・気温・湿度の高い中でのマスク着用は要注意
・屋外で人と十分な距離(2メートル以上)を確保で きる場合には、マスクをはずす
・マスクを着用している時は、負荷のかかる作業や運 動を避け、周囲の人との距離を十分にとった上で、 適宜マスクをはずして休憩を

こまめに水分補給

・のどが渇く前に水分補給
・1日あたり1.2リットルを目安に
・大量に汗をかいた時は塩分も忘れずに

日ごろから健康管理

・日頃から体温測定、健康チェック
・体調が悪いと感じた時は、無理せず 自宅で静養

暑さに備えた体作り

・暑くなり始めの時期から適度に運動を
・水分補給は忘れずに、無理のない範囲で
・「やや暑い環境」で「ややきつい」と 感じる強度で毎日30分程度

が発表されています。

予防ポイントの暑さを避ける意味でも、

涼し~い

保険の相談ひろばLINKアピタ石和店

「病気やケガの保障(医療保険)」

「万一の保障(死亡保険)」

「こどもの保険

    (学資保険・医療保険)」

「保険の見直し」

などなど、ご相談お待ちしております♪

「無料見積もり」も承っておりますので

お気軽にご来店ください。

 

お問い合わせはこちら

0120-168-205

ご予約はこちら ご予約

 

 

お電話でのご相談の関連ブログはこちら

↓↓  ↓↓  ↓↓  ↓↓  ↓↓  ↓↓

 

お電話でのご相談始めました のブログはこちら

新型コロナウイルスの感染が不安で

相談に行けないという方の関連ブログはこちら

↓↓  ↓↓  ↓↓  ↓↓  ↓↓  ↓↓

ご相談が不安なお客様へのブログはこちらから

コロナウィルス感染予防対策のブログはこちらから