ワールドカップ 日本勝利 「ドーハの悲劇」から29年後に「ドーハの歓喜」で雪辱を果たす

みなさん、こんにちは!(^^♪

保険の相談ひろばLINKMEGAドンキ石和店です!

1993年「ドーハの悲劇」から29年、

強豪ドイツにW杯で勝利

11月23日のカタールW杯で、

日本代表はドイツ代表に2-1の逆転勝利を収めました。

試合会場のハリファ国際競技場は、

カタールの首都ドーハにあります。

森保監督が現役時代に「ドーハの悲劇」で

W杯出場を逃したスタジアムと同じ都市です。

SNS上では、今回の快挙を

「ドーハの奇跡」「ドーハの歓喜」

喜ぶ声であふれています。

「ドーハの悲劇を知らない」もしくは

「聞いたことがあるけど内容までは知らない」

という方に向けて、ドーハの悲劇について

少しご紹介したいと思います!

当時の放送時間は今回と同じ、

22時〜0時15分

深夜帯の放送でしたが、

テレビ東京では平均視聴率48.1%

いう脅威の数字を叩き出しました。

NHKでも放送されていたため、

2局合わせたら国民の半数以上が

視聴していたということになります。

この数字からも、当時の国民が

日本のワールドカップ初出場

関心を持っていたことが分かるかと思います。

Jリーグがこの年1993年に開幕し、

日本のワールドカップ出場への道筋が見え、

日本サッカーがさらに注目されるようになったことで、

驚異的な視聴率を叩き出したと思います。

私自身も見ていて、

あ~』とひっくり返って悔しがったのを

鮮明に覚えております。

悲願のワールドカップ初出場まで

王手をかけた当時のメンバーが誰だったのか、

気になる方もいると思います。

森保監督をはじめ、

今も現役で頑張っている

カズ(三浦知良)選手など

Jリーグで活躍されているタレント揃いでした。

当時は、

海外のクラブチームに所属している選手は

いなく、確か全員Jリーガーでした。

現在は、ほぼ海外で活躍されている、いた選手

ばかりで当時とは全く違います。

 

当時は、私も社会人1年目で

まだまだ、日本も元気で

老後の資産形成など、今ほど考えずに

終身雇用で勤め上げると退職金もしっかりあり

老後の生活など、さほど心配してなかったと

記憶しております。

 

ですが、今は年金だけでは厳しいので、

皆さんご自身で準備して下さいと、

総理も貯蓄から投資へと言っているので,

投資の教育のひとつとして、

世界に目を向けるのも大事です。

サッカー界は早くから世界に目を向けて

やってきたことが今回実を結んだ気がして

よかったな~と思いました。

若いうちから、世界に目を向けて

コツコツと準備をすることは

老後の資産形成にも似ているなと。

 

長い人生を楽しむために、

「いつ」「いくらかかるか」を考えることで、

未来のお金が見えてきます。

 

公的年金だけでは足りないかもしれませんので、

私たちと一緒に考えてみませんか?

ご興味のある方は是非一度

ご来店いただければと思います。

 

MEGAドンキ石和店では、

感染対策を万全にして

営業しておりますので、

安心してお気軽にご来店下さい。

 

≅≅「無料点検」「無料比較」実施中!≅≅

「医療保険」「死亡保険」
「学資保険」「年金・積立保険」
「保険の見直し」などなど

ご相談お待ちしております♪

お問い合わせはこちら0120-168-205

ご予約はこちら ご予約

≅≅「無料点検」「無料比較」実施中!≅≅