潰瘍性大腸炎とは

みなさん、こんにちは。

保険の相談ひろばLINKアピタ石和店です。

昨日、安倍総理大臣は持病が悪化したことなどから国政に支障が出ることは避けたいとして

辞任会見をされました。

 

 

安倍総理大臣は、10代のころから、大腸の粘膜が炎症を起こし、激しい腹痛や下痢を繰り返す難病、「潰瘍性大腸炎」を抱えてきたようです。

「潰瘍性大腸炎」とは、大腸の粘膜が炎症を起こし、激しい腹痛や下痢を繰り返す難病で、原因ははっきり分かっていないようです。

治療は主に投薬で行われ、飲み薬で効果のあるものが開発されていて、炎症を抑えるステロイド剤や炎症を引き起こす物質を抑える点滴の薬なども使われているようですが、中には重症になる人もいて、発熱や貧血などの症状が出て、大腸がん併発するリスクが高まるようです。

患者のおよそ5%は症状が改善せず、大腸を摘出しなければならなくなることもあるようです。

手術を行えば、腹痛などの症状は改善されますが、余分な水分を吸収する大腸がないため、トイレの回数が多くなり、術後も日常生活での支障が続くことになることもあるなど、大変な病気ですね。

持病や入院・手術があって保険の検討をあきらめていらっしゃる方、そういった方でも入れる保険もありますので

是非一度ご相談ください。

 

 

保険のことでお悩みの方

お問い合わせはこちら0120-168-205

ご予約はこちら ご予約

 

「病気やケガの保障(医療保険)」

「万一の保障(死亡保険)」

「こどもの保険

    (学資保険・医療保険)」

「保険の見直し」などなど

ご相談お待ちしております♪

「無料見積もり」も承っておりますので

お気軽にご来店ください。