読書の秋といわれるのはなぜ? 10月27日からは読書週間

みなさん、こんにちは!(^^♪

保険の相談ひろばLINKMEGAドンキ石和店です!

 

秋は「○○の秋」と言われるように、

いろいろなことを楽しみやすい季節です。

よく耳にする「読書の秋」もそのひとつです。

秋は読書の似合う季節でもありますよね。

10月27日~11月9日の2週間は「読書週間」です。

それにしても、どうして「読書の秋」と

いわれるようになったのでしょうか。

「読書週間」はいつ、どうして始まった?

第1回の読書週間が開催されたのは、

終戦まもない1947(昭和22)年だそうです。

「読書の力によって、平和な文化国家を作ろう」

という志のもと、出版社や取次会社、書店、

公共図書館を中心に、新聞社や放送局なども

協力して行われたようです。

もともと期間は11月17日~23日の1週間でした。

当時、アメリカでは、11月16日から1週間、

子供に本に親しんでもらう運動である

「チルドレンズ・ブック・ウィーク」

が開催されていました。

日本の読書週間の時期は、

このチルドレンズ・ブック・ウィークを

参考にしたもののようです。

第1回の読書週間が大反響を呼んだため、

翌1948(昭和23)年の第2回からは、

期間を延ばして開催されるようになったそうです。

文化の日(11月3日)を中心にした

10月27日~11月9日の2週間で、

この開催期間は今に至るまで変わっていません。

 

「秋だから読書」というより、

アメリカのチルドレンズ・ブック・ウィークと

日本の文化の日が読書週間の期間に

影響しているようです。

いま、電子メディアの発達によって、

世界の情報伝達の流れは、

大きく変容しようとしています。

しかし、その使い手が人間であるかぎり、

その本体の人間性を育て、かたちづくるのに、

「本」が重要な役割を果たすことは

かわりありません。

暮らしのスタイルに、人生設計のなかに、

新しい感覚での「本とのつきあい方」を

取りえていってもいいかもしれませんね。

長い人生を楽しむために、

「いつ」「いくらかかるか」を考えることで、

未来のお金が見えてきます。

 

公的年金だけでは足りないかもしれませんので、

私たちと一緒に考えてみませんか?

ご興味のある方は是非一度

ご来店いただければと思います。

 

MEGAドンキ石和店では、

感染対策を万全にして

営業しておりますので、

安心してお気軽にご来店下さい。

 

≅≅「無料点検」「無料比較」実施中!≅≅

「医療保険」「死亡保険」
「学資保険」「年金・積立保険」
「保険の見直し」などなど

ご相談お待ちしております♪

お問い合わせはこちら0120-168-205

ご予約はこちら ご予約

≅≅「無料点検」「無料比較」実施中!≅≅