阪神淡路大震災

こんにちは。アピタ石和店の廣瀬です。

朝からニュースで目にしますが、
24年前の今日1月17日は阪神淡路大震災があった日です。

 

阪神淡路大震災では早朝に起きた地震のため、
朝御飯の支度で火を使っていた家庭も多く
火災による被害が多かったと聞きます。

 

 

また、火を使っていなかった場合でもブレーカーを落とさずに外に避難して
電気が復旧した際に地震で倒れていた電化製品や、
家具の下敷きになっていた電気製品が再び作動・・・

これが火元となって火災が起きてしまうケースもあったようです。

 

特に空気が乾燥した今の時期、火事なると被害も大きくなりやすくなり、
隣家からの「もらい火」で被害にあうこともあります。

 

地震大国と呼ばれる日本では
火災保険だけでなく地震保険も大切です。

 

通常の火災であれば、火災保険で保障されますが、
地震原因で起こった火災」
地震が原因で起こった火災からのもらい火」の場合は
火災保険では保障されません。

「地震が原因・・・」という時は、地震保険の保障範囲になります。

 

火災保険だけしか加入していない、火災保険は加入した時にそのまま…
という方は、火災保険・地震保険の内容を確認されてみてはいかがでしょうか?

当店は生命保険だけでなく、火災保険もご相談いただけます!

備えあれば憂いなし!!

ぜひ当店をご利用ください♪