高速道路に現れる右ルート・左ルートの「違い」と「スムースに走行するポイント」とは?

みなさん、こんにちは!(^^♪

保険の相談ひろばLINKMEGAドンキ石和店です!

 

高速道路にたまに現れる「右ルート」「左ルート」の違いが

気になったことありませんか?

 

右ルート・左ルートは、

高速道路のある区間で2車線ずつを2つのルートに分けて、

その間を中央分離帯でしきっています。

何か「違い」があると思いきや、

実際は右ルートを選んでも左ルートを選んでも、

最終的には合流して1つの車線になり、

同じ方向へ向かうのです。

走り慣れていない人だと、

どちらのルートを走ればいいのか

迷ってしまうかもしれませんが、

なぜ左右2つルートに分かれているのでしょうか?

これらの道は、山岳地帯でトンネルがあるというのが共通しています。

2ルートになるまでは渋滞多発地帯として知られているところだところだそうです。

これらの渋滞解消を目指し、

車線を増やすための工夫が、

左右2ルート方式で、

とくにトンネルがあることが

2ルート化した大きな理由となっているようです。

というのも、トンネル内で車線を広げるには、

直径の大きなトンネルを掘る必要があり、

それは非効率でコストも高くなるので、

標準的な直径のトンネルをもう1本増やすことで車線を増やし、

そのトンネルに合わせてルートが分かれたというのが、

左右2ルート化した経緯のようです。

渋滞解消のために車線が増えるのは大歓迎ですが、

二手に道が分かれると、

どちらを通ればいいのか迷うこともありますよね…。

私自身も良く利用する、

中央道下り線:上野原~大月IC間(約4km)は、

右ルート・左ルートともに距離はほぼ同じで、

その他の点もとくに違いはないですが、

強いていえば、左ルートだと大型車が多く、

全体的な通行量はわずかに右ルートのほうが多いかもしれないかなという感じがします。

いずれにしても、通過時間は誤差の範囲と思っていいと思います。

なお中央道は、左右のルートが合流したあと、

河口湖方面と名古屋方面に分かれる分岐があるので、

車線変更が面倒な人や苦手な人は、

河口湖方面に向かうなら左ルート、

名古屋方面に向かうのなら右ルートを

選ぶとラクかもしれません。

人生は選択の連続ともよく言われ、

要所要所に分岐点があって、

AorB、右に進むか左に進むか選ばなければならない。

そのどちらかを選ぶことで、

人生はいろいろ変わっていくわけですが、

高速道路の「右ルート」「左ルート」にわかれてもやがて再び合流し、

目的地への到着時間は変わらないので慌てず安全運転第一ですね。

 

長い人生を楽しむために、

「いつ」「いくらかかるか」を考えることで、

未来のお金が見えてきます。

 

公的年金だけでは足りないかもしれませんので、

私たちと一緒に考えてみませんか?

ご興味のある方は是非一度

ご来店いただければと思います。

 

MEGAドンキ石和店では、

感染対策を万全にして

営業しておりますので、

安心してお気軽にご来店下さい。

 

≅≅「無料点検」「無料比較」実施中!≅≅

「医療保険」「死亡保険」
「学資保険」「年金・積立保険」
「保険の見直し」などなど

ご相談お待ちしております♪

お問い合わせはこちら0120-168-205

ご予約はこちら ご予約

≅≅「無料点検」「無料比較」実施中!≅≅