高額療養費制度で自己負担額を抑えることが出来る?

 

みなさん、こんにちは!(^^♪

保険の相談ひろばLINKMEGAドンキ石和店です!

 

一昨日、期日前投票へ行ってきました。

今回は期日前投票に行かれている方が多いと

報道されていましたが、関心がある方が増えたのですかね。

 

ところで、皆さん高額療養費制度って

ご存知ですか?

 

高額療養費制度

健康保険に加入している場合、

医療費の自己負担分はかかった

医療費の3割などとなります。

しかし、長期入院したときなどは

自己負担額が高額になることもあり、

「高額療養費制度」を活用することで

負担を抑えることができます。

この制度は、

同じ人が同じ月に、同じ医療機関でかかった

一定割合の自己負担が自己負担限度額を

超えたときに適用されます。

自己負担限度額は、年齢や、所得区分に応じて

1か月あたりの金額が決まっています。

 

ですが、高額療養費制度

カバーされない費用がございます。

  • 入院時の食事代等の一部負担
  • 差額ベッド代
  • 先進医療にかかる技術料
  • 交通費、入院に際しての日用品代、入院証明書発行費用、快気祝いなど

上記のような費用が別途かかってきますので

ご注意ください。

 

高額療養費を受けるには、

病院窓口でいったん自己負担分(3割など)を支払い、

後日請求(申請)する方法と、

事前に交付を受けた「限度額適用認定証」を提示し、

窓口での支払額を自己負担限度額までとする方法があります。

 

入院・手術までに時間がある場合には、

前もって申請しておくと便利です。

是非、覚えておいてください( ..)φメモメモ

 

こういった公的制度を使って足りない部分を

民間の医療保険で補っていければ

無駄がないと思いますので、

お気軽にお声がけください。

 

ご相談は何回していただいても

無料となっていますので

お気軽にご来店ください!

 

 

保険のことでお悩みの方

お問い合わせはこちら0120-168-205

ご予約はこちら ご予約

 

「病気やケガの保障(医療保険)」

「万一の保障(死亡保険)」

こどもの保険

    (学資保険・医療保険)」

「保険の見直し」などなど

ご相談お待ちしております♪

「無料見積もり」も承っておりますので

お気軽にご来店ください。